読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imagine

テュルルルー テュテュルルルルー テュルルルー テュルルルルルッ

 

タモリ「こんばんはータモリです」

アシスタント「こんばんは、下平さやかです。今夜は初登場インディアンハートの皆さん、そして今回52回目の登場B'zのお2人など豪華アーティスト8組による、生放送でお送り致します」

 

たけ「やべーついに本番始まっちゃったよ、緊張して吐きそ ヴォエ」

ぐっち「おいおい、たかがMステごときでビビってんじゃねーぞ。俺たちなんて誰も見てねーだろ(笑)」

英「だってあのB'zがいるんだよ?!?稲葉だよ?!松本だよ?!俺もーヤバイ、腹痛くなってきた」

あゆみ「やっぱライブは緊張するよねー。クリスマスライブの時も緊張したけど、テレビだしね。」

 

遂に我々インディアンハートは、カバー曲だけでメジャーデビューし、Mステ生出演を果たした。しかもタケと英には堪らないB'zとのブッキングだった。

 

タモリ「次のゲストは初登場インディアンハートでーす」

インディアンハート(以下IH)「こんばんはー。」

タモリ「インディアンハートって誰がつけたの?(笑)」

タケ「あ、いやえっと、僕達ビートルズが好きなんですけど、英はそうでもないんですけど、ヘイジュードって曲の「remember to let her into your heart」の所を適当に「to indian heart」って歌ったのがキッカケです。」

 

タモリ「へー。適当だねー?(笑)」

IH「苦笑」

アシスタント「ニート竹越さんとナッシー英とさんはB'zのお2人の大ファンだそうですね」

 

英「あ、はい、中学の頃ずっと聴いてました!今でも大好きです!」

B'z映る。

稲葉「…ありがとうございます」

 

(タケすぐる歓喜

 

タモリ「じゃースタンバイお願いしまーす」

アシスタント「それではインディアンハートさんで“sure know somthing”です。今日はサプライズバージョンでお送りします。どうぞ。」

 

 

(スティックカウント)カッカッカッカッ

 

(ソリック田口アップ)ドゥードゥルドゥル ドゥードゥルドゥル…

 

英「I've been up and down, I've been all around I was mystified, almost terrified But late at night I still hear you call my name …」

 

ジャジャジャジャーン

 

 

 

稲葉「I've been a gambler, but I'm nobody's fool And I sure know something, sure know something!!!!! 」

 

IH「?!!?!」

 

稲葉,英「You showed me things they never taught me in school And I sure know something, sure know something No one can make me feel the way that you do And I sure know something !!!!!オーライ!!!!」

 

タケ(や、やべぇ、英稲葉とデュエットしてる!(笑)オーライとかハモってるし(笑)!サプライズバージョンってこーゆこと?!!)

 

松本(ギター ギュルギュル)

 

タケ(松本さんキター!!!!)

 

ぐっち(ニヤニヤ)

 

Mステさんの粋な計らいで、私たちインディアンハートはあのB'zとKISSの曲をセッションした。

 

私は緊張と興奮であまり覚えてないけど、すっくんは稲葉さんと肩を組んで一本のマイクで歌ってたし、タケは世界の松本とギターを連奏してた。ぐっちは最高潮の2人を見てちょっとニヤニヤしてたと思う。凄いことだけど、とてもシュールな光景だった。

 

本当に最高の金曜日だった。

 

 

 

なんて想像をすっくんとMステ見ながらしてた。もちろんフィクションです。寝ます。